無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120-01-2690

受付時間:平日 9:00~21:00

税理士、司法書士、弁護士、相続の専門家による違い

相続の相談、依頼をしたいと思った時に調べると色々な士業の専門家が出てきて誰に相談したら良いのか分からない、または、どこに相談しても同じと考える方が多くいます。

しかし、それぞれの士業によって強みと弱みが違っていたり、対応ができない分野があったりします。
更に、税理士であればどこに行っても同じだという考え方も正しくなく、相続専門の税理士は少数派です。

当事務所は相続専門の税理士がしっかりと対応し、税理士の業務外のことも提携の専門家がサポートいたしますので、相続のことであればなんでもご相談ください。

どこに行けば良いのか?相続の専門家の違い

税理士

税理士は「税務」の専門家です。
その為、相続税申告サポート業務を他士業よりも専門的に行うことができます。
相続税がかかるか不安、相続税がかかることは分かったので、手続きをしてほしい、相続税を安くする方法がないかといったお悩み、ご相談がある方はまずは税理士に相談にいくことをお勧めします。

司法書士

司法書士は「登記」の専門家です。
相続不動産の名義変更(相続登記)は司法書士に依頼する必要があります。
当事務所は相続登記の経験豊富な司法書士と提携していますので、登記についてもワンストップで対応することができます。

弁護士

弁護士は「訴訟」の専門家です。
相続における弁護士の主な業務は、相続人の代理人としての交渉や訴訟です。
特に争いがない場合の各相続手続きであれば、弁護士でなくとも可能であるケースが多いですが、遺産の分割を巡って紛争になってしまった場合は弁護士に代理人を依頼したほうがよいでしょう。
当事務所では、相続の専門家が、家族間で争いにならないよう相続をサポートさせていただきます。

PAGETOP