無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120-01-2690

受付時間:平日 9:00~21:00

初めての相続

相続発生後(被相続人の死亡後)に進めるべき手続きについてまとめました。
中には期限内に確実にやらなければ大きな損失を生んでしまうものもあります。

どうぞ、以下をご参考ください。

最初の手続きとは

相続とは、被相続人が死亡した時から必ず開始されるものです。
相続が発生したら、まず最初に行う手続は、死亡届の提出です。

死亡届は7日以内に必ず処理しましょう。

期限のある手続きとは

知らなかったでは済まされないのが期限のある行政手続きです。
思わぬトラブルや大きな損が出ないように、事前にチェックしてください。

期限のある手続きについて詳しくはこちら>>

 

遺産相続でトラブルになりやすい3つのポイント

相続において最もトラブルが発生しやすいのは「遺産相続」です。
遺産相続でトラブルとなるポイントは、実はほとんど決まっています。
それにも関わらず遺産相続のトラブルが絶えないのは、そのポイントをスムーズに処理するための専門知識が必要になるからです。

ですから、そのポイントを押さえ、初期の段階で適切に対処することができれば、問題の解決はそう難しいものではなくなります。

1.誰に(相続人と相続分)

 ・誰が相続人になるのか?

 ・自分はどれだけ相続できるのか?

 ・相続人間の不公平を調整するには?

詳しくは法定相続と相続人のページをご覧ください>>

2.何を(遺産)

 ・何が遺産になるのか?

 ・遺産の評価の仕方は?

 ・借金がある場合はどうなるのか?

 詳しくは遺産の分類と相続方法のページをご覧ください>>

3.どう分けるか?(遺産相続の方法)

 ・どんな分け方があるのか?

 ・自分にはどの分け方が良いのか?

詳しくは遺産分割協議の種類のページをご覧ください>>

 

 

PAGETOP