無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120-01-2690

受付時間:平日 9:00~21:00

相続への想い

私が広島国税局に勤務して28年、その大半を相続税調査に従事してきましたが、ほとんど全ての調査事案において申告内容に誤りが発見され、追加の税金に加え、罰金とも言える高額な加算税と延滞税を納めてもらいました。

中には数億円の申告漏れ財産を把握したケースも少なくありません。

“なぜこんなにも申告誤りが多いのだろうか?“

税理士試験において「相続税法」を選択して合格している税理士は10%程度しかおらず、さらに日常的に相続に携わっている税理士はたったの1%程度しかいない!

税理士にも専門や得意としている分野があり、特に相続税は専門性が強く、得意とされている税理士は少ないので、税理士選びを間違えると余分な税金を納めることに・・・なんてこともあるようです。

しかし、相続税の申告なんて一生の内に一度あるかないかのものです。

これまで税務申告とは無縁の方々が、どの税理士に任せたらいいのか、非常に悩まれる場面だと思います。
また、相続税はかからないまでも、役場や法務局、銀行、証券、保険、公共料金、クレジットカードなどの100種類以上の相続関係手続きに、戸惑われる方もたくさんいらっしゃると思います。

私が税理士になろうと心に決めたのは、こういったことを目の当たりにしてきて、相続に直面してお困りの方々を、私のこれまでの経験やノウハウを活かしてサポートしたいと感じるようになったからです。

また、すべての申告を適正に行うことで、国税庁の使命である「適正公平な課税の実現」を税理士の立場から行うこともできると考えました。

究極を言えば、すべての申告が適正な状況、つまり調査の不要な世の中にすることができればと考え、これまで相続の申告を数多く手がけているにもかかわらず、その適正な申告内容から、調査がほとんど行われていない、相続専門の税理士法人「タカハシパートナーズ」に所属させていただくことになりました。

PAGETOP